増えた路上喫煙!もはや開き直っている喫煙者たち

所感
リサリサ先生 たばこ逆さだぜ
引用:ジョジョの奇妙な冒険 part2 『戦闘潮流』
ジョセフ・ジョースター

どうも!JOUJOです。→プロフィールはこちら

(自己紹介も併せてどうぞ)
超氷河期ロスジェネリーマン 出発の章
超氷河期ロスジェネリーマン 出発の章2

新型コロナウイルスの影響で、テレワークを行う会社も増えてきていますね。
私もテレワークを行っていますが、運動不足になったりストレスを貯めないように気を付けたいです。

全く会社に行かないということにはならず、オフィスにおもむく日もあるのですが、そこで気付いたことがあります。

なんか最近、路上喫煙、いわゆる歩きタバコする人増えてませんか?

やたら目に付くようになった路上喫煙者の話です。

4/1から始まった屋内喫煙原則禁止『改正健康増進法』

2020年4月1日から、屋内での喫煙が原則禁止となる『改正健康増進法』が施行されました。
飲食店や居酒屋、パチンコ店なんかではタバコが吸えなくなったということです。

路上喫煙がほとんどの場所で禁止され、屋内での喫煙も禁止され、コンビニの前から灰皿は撤去されました。

喫煙者はほぼ行き場を失ってしまいました。
そうしたらどうなったか。

喫煙者たちは開き直りに出たのです。

開き直り、マナーが崩壊した喫煙者たち

この4月から、路上喫煙、歩きタバコをする人をよく目にするようになりました。

まったく悪びれずに火のついたタバコを持ってプカプカと煙を吐きながら歩いています。

”外にも屋内にも吸える場所がないんだ、しょうがねえだろう”

とでも言いたげなふてぶてしい態度です。
実際吸う場所がないのでしょう。
そして自分は喫煙する場所を奪われたかわいそうな被害者だとでも思ってるんでしょう。

開き直り、何が悪いんだと居直り、堂々と歩きタバコをします。

そして当然のごとくポイ捨てし、足で踏み消し立ち去ります。
現代人の行動とは思えません。
チンパンジー以下です。

紙タバコでそんな感じなのですから、電子タバコなんてもっと悪びれていません。
紙タバコより臭いもないし、セーフっしょみたいな空気を感じます。

いや、じゅうぶん臭えから。

においのカテゴリーが少し違うだけで、臭いことは臭いから。
自分は大丈夫などと勘違いをしているんじゃない。

すでに灰皿が撤去されたコンビニ前

そして彼ら喫煙者たちは、なぜか灰皿がとっくに撤去されているコンビニ前にたむろする習性があります。
コンビニ前で当然のようにタバコに火をつけ、吸い殻を散らかします。

あれはなんなんでしょうね。
灰皿を撤去し、喫煙しないで下さいというポスターがあるにも関わらず、まったく意に介した様子はありません。

灰皿の存在がなくても、コンビニ前は喫煙可、という都合のいい記憶がアップデートされないまま続いているんでしょう。
なげかわしいチンパンジーです。

もう、禁煙しかないのでは?

200円程度で手に入り、どこでも場所を問わず吸えた時代ならいざ知らず、もうあまりにも状況は変わりました。

500円前後と高騰した値段。
これからもますます上がり続けるでしょう。
あっという間に1箱1,000円です。

そのほとんどは税金です。
今のグダグダな政府を見て、税金の塊にお金を使うのは、あまりにも馬鹿げています。

吸う場所も、全国どこにも無い状況が近づいています。
家ですら、近隣住民から苦情が来るでしょう。

そして、新型コロナウイルスに喫煙者が感染したら、重篤化する確率が上がるという事実があります。

たまに見つける喫煙ルームでも、芋の子を洗うように人が密集し、煙が立ち込める中での喫煙を強いられます。
ただでさえ気管がやられているので、ゲホゲホゴホゴホと咳をするものが多いでしょう。
マスクもつけずに煙を吐きちらすそんな部屋にいたら、飛沫感染の可能性が圧倒的に高まります。

自分だけが苦しむならいいですが、残念ながら周りへ感染拡大させる可能性は高まるわけで、
自分の大切な人に感染させて苦しませることになるかもしれません。

感染し、拡大させるリスクが非喫煙者よりも高いのです。

これから始まる大量倒産や大量リストラが行われた後の世界。
アフターコロナでは、喫煙者の採用を行わない企業も出てくるでしょう。

それは差別というのではなく、従業員の安全の為という大義名分が成り立ちます。
正義は相手にあるのです。

何から何までメリットと呼べるものは存在しません。

いくら高くてもいいんだ、死ぬまで吸うんだ、俺の邪魔をするな、俺に指図するな
などと意固地にならず、柔軟に考えてみてほしいのです。

大切な人を失った後では間に合いません、後悔しか生まれません。
禁煙、はじめましょう。

ではまた次回。

よろしければポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
サラリーマン日記 にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました