アメリカ大統領選挙はジョー・バイデン勝利

時事ネタ

どうも!JOUJOです。→プロフィールはこちら

(自己紹介も併せてどうぞ)
超氷河期ロスジェネリーマン 出発の章
超氷河期ロスジェネリーマン 出発の章2

アメリカ大統領選挙は、ジョー・バイデン候補が勝利という結果になりました。

国内の大阪都構想はほぼ無関心だったのに、よその国の大統領選挙には
異常な大盛り上がりの日本糞メディアでしたね。

超露骨なバイデン押しのトランプ下げ。
自国アメリカではもっと異常なバイデン押しの偏向報道でした。

執拗に繰り返される偏向報道で流される人というのは一定数存在するため、
両方に公正な選挙とはとても言い難いものでした。
大国といえどそんなもんかーという印象です。

トランプ陣営がこれからどう出るのかは分かりませんが、
なんか相当元気がなく、意欲を失っている風なのが気になりました。
もう負けを受け入れているのかもしれませんね。

とにかく審判は下されました。
変化することをアメリカ国民は選びました。
悪い方向への変化ではないのかなーと個人的には思いますが・・・

日本にとって良い方向に進むことを祈るしかありませんが、
どういう状況になっても有利な舵取りができるよう、
日本は他国の助けに寄らずに独立し、強くなることを求められます。

国レベルでも変化をし続けなければ生き残れなくなってきています。
それはもちろん個人にもあてはまります。
過去には戻れないし、過去の栄光に浸っている人間ほど
変化を受け入れられず、あっという間に没落します。
令和とは、そういう時代なのでしょう。

日本の社会人の1ヶ月平均勉強時間は6分だそうです。
平均が6分ということは、そんな中途半端に勉強している人なんていないでしょうから、
一部の人が何時間も勉強し、大多数の人は0、というのが実態でしょう。

まずは1日30分でも、勉強時間を確保するところから
変化を始めていきましょう。

ではまた次回。


よろしければポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
時事ニュース にほんブログ村


社会・経済ニュース ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました