超氷河期ロスジェネリーマン 出発の章

自己紹介

はじめまして!ロスジェネサラリーマンのJOUJO(ジョウジョ)です。

本日より、このブログをスタートします。
最初なので自己紹介と、このブログの内容とブログを作った目的についてお話します。

ロスジェネサラリーマン JOUJO(ジョウジョ)

ハンドルネームのJOUJO(ジョウジョ)とは、私の好きな漫画
JOJOの奇妙な冒険 part4 ダイヤモンドは砕けない」からの引用です。

主人公の東方仗助(ひがしかたじょうすけ)が、不良に絡まれた際、不良たちは、名前の「仗助」を強引にジョウジョと読み、あだ名をジョジョにしました。
その時のセリフが
「ケッ!これからてめーをジョウジョ!、ジョジョって呼んでやるぜ!」
だったのですが、私の記憶が確かなら、それ以降一度も主人公はジョジョとは呼ばれていません。

このJOJOシリーズの中でも異彩を放つあだ名へのこじつけは、強烈に脳にインプットされました。
断っておきますが、主人公の東方仗助はJOJOとは呼ばれませんでしたが、男気があってかっこいいやつでした。

そんな東方仗助に敬意を払う意味で、JOUJOにしたのです。

時代背景 (どんな時代を過ごしてきたか)

私が大学を卒業したのは西暦2000年。俗に言う超就職氷河期世代です。
ロスジェネのまさにど真ん中、大卒求人倍率はその後も破られていない0.99倍!
大卒就職率はなんと50%!!
2人に1人は就職できなかったのです。
よりにもよって就職氷河期の中でも特段に低い、まさに超就職氷河期のピークでありました。

子供の頃から、高度成長期を過ごしてきた親の背中を見て、バブル絶頂期の少し上の世代を見て過ごしてきましたが、自分達が社会に出るころにはそんなものは遥か彼方に霧散して、超超超冷えに冷えた社会情勢。
その中で、今なお続く地獄へのスタートが幕を開けたのです。

就職活動に際し、50社100社受けるのは当たり前、若干名の応募に何千人も集まるのは当たり前、ランクを落とし尽くしても内定には辿り着かない。
ほんとに内定なんて出るのかしら、内定なんて都市伝説じゃないのと思いながら、来る日も来る日も仕事を探す毎日でした。

情報ソースはまだまだテレビが王様の時代。SNSなど当然ありません。
パソコンはあれど、情報量も少なく質も悪く、まだまだ一部の利用者に留まっていた時代、現在とは比べるべくもありません。
乏しい情報をもとに絶望に立ち向かった当時の学生たち。

そんな理不尽な戦いを強いられた学生たちに、当時の世間の声はとても冷たいものでした。
就職できないのは、いわゆる「自己責任」だと。こんな時代でもいくつも内定を取っている学生がいるじゃないか。できないやつらは、これまでの生き方が間違っていたんだと。

当時の状況こそがおかしいと指摘し、救いの手を差し伸べてくれる「立派な社会人」は、どうやら存在しないようでした。
一部のスーパーエリートを引き合いに出し、お前らが無能だから就職できないんだ、社会を舐めるなと、手を挙げただけで内定をもらえた時代のバブル脳のカスが吠えていました。

結果、ロスジェネ世代の人たちは、社会から「切り捨て」られたのです。
あるものはブラック企業に、あるものは非正規雇用に身をやつしていきました。
そして現在、令和の時代に至るまで、何一つ有効な対策も立てられず、長きにわたる苦しみを強いられてきたのです。
まるで日本から、その存在を「無かったもの」とされたかのようでした。

企業の年齢構成は歪なものとなり、当然結婚できるような立場の人間も限られるため少子化は加速し、社会に出ることすら出来なかったのか、途中で心折れてしまったのか、40代の引きこもりも深刻な問題として表面化してきています。
国が対策しようにも、もう今更。全ては遅すぎるのですが。

私が社会のスタートを切った時、世の中はそんな状況でした。

(長くなりましたので、後半は別記事に分けます)

→超氷河期ロスジェネリーマン 出発の章2へ続く

よろしければポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
サラリーマン日記 にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキング

コメント

  1. フロンテ より:

    「転職・キャリアランキング」から、ブログを拝見させていただいております。
    興味深いブログなので、楽しみにしております^^

    • blackadventure より:

      コメントありがとうございます!
      興味を持っていただけて嬉しく思います。
      更新の励みになります!
      この年代ならではの話題を書いていければと思いますので
      また見に来て下さいね。

タイトルとURLをコピーしました